ユニットがカビだらけ

検討ポイント

✅事実摘示か
✅立証できるか

事実摘示なのか意見論評なのか

歯科ユニットが「カビだらけ」というレビューは対策可能でしょうか。まず「カビだらけ」が事実摘示なのか意見論評なのかを検討する必要があります。
このレビューでは,歯科ユニットが「カビだらけ」だったのかどうかが立証命題になります。歴史的な事実の存否が問題となっていますので,事実摘示だと考えられます。もちろん「だらけ」の部分に評価的なニュアンスがあるため,意見論評だという見解もありえます。

事実摘示の違法性

削除請求や発信者情報開示請求では,投稿が違法であることを請求者側で立証する必要があります。そして,事実摘示の違法性は,①摘示事実が真実でないか,②公益目的がないか,③公共の利害に関する事実ではないか,といった基準で判断します。

歯科ユニットが「カビだらけ」は違法な表現か

このレビューが違法な名誉毀損かどうかは,「カビだらけ」が真実か否かにかかっています。これまでカビなど全くない,ということなら,違法なレビューとなります。

どのようにして証明するのか

では,「カビなど全くない」はどのようにして証明するのでしょうか。「ない」ことの証明ですし,その投稿日付近で一度もないことの証明が求められますので,かなり難しい問題です。ないことの証明は「悪魔の証明」などとも言われます。
実際には,院長の陳述書で「ありません」と書くだけでなく,ユニットの写真なども証拠提出すべきです。
また,「何かをカビと見間違えたのではないか?」という仮定のうえでの立証も約に立ちます。実際のケースでは,「ユニットの影がカビにみえたのではないか」という仮定のうえで,ユニットの写真を証拠提出しています(このケースでは,削除請求も開示請求も認められています)。