「回転率重視で予約を詰め込んでいる」(東京地決平29・8・30)

検討ポイント

✅推論による事実摘示と意見論評

口コミの内容

口コミの具体的な表現は公開されていませんが,決定書の要約からして,「回転率重視で予約を詰め込んでいる」との趣旨の口コミ等が投稿されていたものと読み取れます。

裁判所の判断

回転率重視でギュウギュウに予約を詰めているとの評価と多分に推論を伴う事実の摘示は,一般の読者の読み方と理解によれば,債権者が利益を重視し患者をないがしろにしているとの印象を与えるものであり,債権者の名誉権を侵害するものと一応認められる。

予約して同クリニックを訪問したところ,既に待っている患者が大勢いた事実と同事実を踏まえて急患かと考えたが何人も急患がいるはずもないと本件投稿者が考えたことが事実であることの存在をうかがわせるような事情が存在しないことを一応認めることはできない。
加えて,回転率重視でギュウギュウに予約を詰めているとの評価及び多分に推論を伴う事実摘示の部分は,証拠により直接立証できるものではないから,意見・論評に類する表現と位置付けるのが相当であるところ,本件記事の全体からすると,同部分が債権者の攻撃に及ぶなど意見ないし論評としての域を逸脱したものではないことをうかがわせるような事情が存在しないことを一応認めることはできない。

東京地決平29・8・30(平成29年(ヨ)第1552号)

ポイント

まず,この決定文は,「事実であることの存在をうかがわせるような事情が存在しないことを一応認めることはできない。」というように複雑な文末になっていますが,申立人には「反真実性立証」が求められていますので,「摘示事実が反真実だと認定することはできない」と読み替えれば足ります。同様にして「意見ないし論評としての域を逸脱したものではないことをうかがわせるような事情が存在しないことを一応認めることはできない。」との文末も,「意見ないし論評としての域を逸脱していると認めることはできない」と読み替えれば足ります。

そのうえで本件決定のポイントは,推論に基づく事実摘示が「証拠により直接立証できるものではない」から「意見・論評に類する表現」であるとしたうえで,意見論評に関する違法性阻却事由を検討している部分です。

判例上は,事実摘示と意見論評の区別は以下のように判断されています。本件は「証拠により直接立証できるものではない」と認定したのであれば,「類する」といわず,端的に意見論評だとして検討すれば良かったのではないかと思われます。

当該表現が証拠等をもってその存否を決することが可能な他人に関する特定の事項を明示的又は黙示的に主張するものと理解されるときは,当該表現は,上記特定の事項についての事実を摘示するものと解するのが相当である(前掲最高裁平成9年9月9日第三小法廷判決参照)。そして,上記のような証拠等による証明になじまない物事の価値,善悪,優劣についての批評や論議などは,意見ないし論評の表明に属するというべきである。

最一小判平16・7・15(「脱ゴーマニズム宣言」事件上告審,民集58巻5号1615頁)

「人情味がない,横柄,スタッフが気の毒」(東京地決令元・8・14)

口コミの発信者情報開示請求事件

検討ポイント

✅意見論評
✅社会的評価の低下

口コミの内容

口コミの具体的な表現は公開されていないため把握できませんが,決定文の要約によると,①「人情味がない,横柄,スタッフが気の毒」,②「予約で埋まっていて2週間後になったが,痛いときに見てもらえないのでは意味がない,期待外れ」といったことが書かれていたと思われます。

裁判所の判断

いずれの表現も抽象的な印象を述べるものであって,証拠によってその存否を決することができるものではないから,債権者主張部分も意見論評と読むほかない。
歯科医師等の対応から患者や従業員が受ける印象は,その主観に委ねられ,多種多様であって,各人ごとに歯科医師等の対応に対する評価が異なって当然である。本件記事1は,投稿者が債権者に対する主観的かつ抽象的な印象を記載したものにすぎないから,債権者の社会的評価を低下させるとまでは言えない。

債権者は,本件歯科医院で勤務する債権者の妻の陳述書(甲16)における,債権者が患者や従業員に対して横柄な態度を取ったり,冷たい対応をしていることを見たことがないとの記載

しかし,これらの資料は,あくまで一部の患者や従業員が債権者に対して抱いた印象を述べるものにすぎないから,好意的な良い評価を受けうる対応をしたことがあったという事実を疎明するにとどまり,人情味がない,横柄等の評価を受ける対応等が行われていなかったことの疎明としては不十分である。

患者が緊急の処置を要望しているとしても,当該状況において応急処置が必要であるか否かは歯科医師が判断すべき事柄である上,当該歯科医院の繁忙度や予約状況等から物理的に処置ができないことも当然にありうるのであるから,患者の希望通りの時期に処置が行われるとは限らない。したがって,2週間後の予約しかとれなかったなどとする本件記事2の事実摘示によって,債権者の社会的評価は低下しない。

急患に対する適切な対応を欠くものとして仮に債権者の社会的評価を低下させるとしても,事実摘示部分及び意見論評の前提となる事実について反真実の疎明はない。

東京地決令元・8・14(令和元年(ヨ)第1683号)

ポイント

具体的な表現が明らかではないため断言できませんが,「人情味がない,横柄,スタッフが気の毒」といった趣旨の口コミは,個人の感想表現なので,意見論評と考えるのが一般的です。意見論評は違法性阻却事由の立証が難しいため,なるべく事実摘示だと言い切って主張することになります。本件も,おそらくその方針で事実摘示だと言い切ったのでしょうが,裁判所は意見論評だと判断しています。

ただ,意見論評に過ぎないから社会的評価を低下させない,という趣旨の判示であれば理由付けが違うと思います。最高裁は,「名誉毀損の不法行為は(中略)これが事実を摘示するものであるか、又は意見ないし論評を表明するものであるかを問わず、成立し得るものである」としているからです(最三小判平9・9・9ロス疑惑訴訟夕刊フジ事件上告審,民集51巻8号3804頁)。
実際,この決定は,反真実性の疎明があるかどうかという判断もしており,端的に「人情味がない,横柄,スタッフが気の毒」との表現では社会的評価は低下しないと言い切れなかったのだろうと想像します。

真実性立証については,やはり「陳述書」が利用されているようですが,「人情味はあります。横柄ではありません。」という内容の陳述書を書いたところで,もともと個人の感想に属する表現ですので,決定が「あくまで一部の患者や従業員が債権者に対して抱いた印象を述べるものにすぎない」と認定したのもやむを得ないと考えます。

他方,「2週間後の予約しか取れなかった」は,歯科クリニックなら普通のことだろうと思うため,社会的評価を低下させないと判断されたことも,やむを得ないものと考えます。

「すごい剣幕で紹介状の作成を断られた」(仙台高決平31・2・12)

口コミの削除請求事件

検討ポイント

✅社会的評価の低下
✅真実性立証

口コミの内容と当事者の主張

口コミの具体的な表現は公開されていないため詳細は不明ですが,決定書の記載を読む限り,「紹介状の作成を求めたところ,凄い剣幕で断られた」という趣旨の内容だったと読み取れます。

請求者は,違法性阻却事由のすべてを争っていたようです。

裁判所の判断

抗告人が医師として尊大かつ非常識な言動をする人物であるとの印象を抱かせかねないものということができるから,抗告人に対する社会的評価を低下させるおそれのある摘示であることは否定することができない。

本件口コミは,抗告人の社会的評価を低下させるおそれのある事実摘示を含んでいることは確かではあるものの,逆に,本件投稿者の非礼ともいえる言動や抗告人の医師としての誠実性をうかがわせる内容,すなわち抗告人の社会的評価の低下を妨げる事情やそれを向上させる可能性のある事実摘示も含まれているといえる上,他の口コミサイトにおける口コミを併せ見ることによって,本件口コミが抗告人の社会的評価を低下させる表現行為に当たると断定することはできない。そして,仮に本件口コミが抗告人の社会的評価を低下させる表現行為に当たるとされる場合においても,その低下の程度は小さいというべきである。

本件発言の前提事実の有無については,抗告人の陳述書(甲5)及び本件医院の全職員が作成した回答書(甲39~45)において,全く触れられていない。したがって,上記陳述書及び回答書は信用性に乏しいといわざるを得ないから,これらの疎明資料によって,本件発言の事実が虚偽であることが疎明されたとは到底いえない。

仙台高決平31・2・12(平成30年(ラ)第78号)

ポイント

仙台高裁は,「社会的評価を低下させるおそれのある摘示」だと認めつつ,しかし「断定することはできない」「その低下の程度は小さい」として,名誉毀損に当たらない可能性があるとし(当たらないと断定していません),他方で当たるとしても,違法性阻却事由があるという判断をしています。

このように歯切れの悪い判断になっているのは,最近コンテンツプロバイダがよく主張する,「社会的評価の低下の程度」という争点について,悩みがあるからだと思われます。コンテンツプロバイダは,「社会的評価の低下はあるが,小さい」という論調により名誉毀損を否定しようとします。これに同調する地裁判例は多数あるようですが,高裁判例,最高裁判例はありません。そのため,「低下の程度が小さいから名誉毀損ではない」とは断言できなかったのでしょう。
最高裁は,「社会的評価の低下の程度」という概念を用いていないため,大いに争うべきところです。

また,仙台高裁は「他の口コミサイトにおける口コミを併せ見ることによって」として,他のサイトの情報もあわせ読んで社会的評価の低下を判断するとしていますが,これも基準として誤っていると思います。他のサイトや他の口コミに良いことが書いてあるのだから,1個くらい悪いことが書いてあっても名誉毀損ではない,と言っているのと同じですが,最高裁が採用する基準ではありません。1個しかないからこそ,広く知られていない貴重な情報として受け取られる可能性もあるはずです。

反真実性立証については,院長先生の陳述書と全職員が作成した回答書で「そんな事実はない,凄い剣幕で断ってない」と書いたようですが,裁判所は「なぜそういう話になったのか,前提事実が書かれていない」という理由で立証不足だと認定しています。
これは医院側には不意打ちだったのだろうと想像します。地裁で「前提事実」について聞かれていなければ,高裁で「前提事実」について立証する動機付けがありません。にもかかわらず「前提事実」が書かれていない,として削除を認めないのは酷というものです。

「いつも雑」「本当に医師免許を持っているのか」(大阪高決令元・11・8)

口コミの削除請求事件

検討ポイント

✅社会的評価の低下

口コミの内容と請求者の主張

口コミの具体的な表現は公開されていないため不明ですが,決定で要約されている内容を読むと,①「診察がいつも雑であり,いつも様子見の方針で,調べること(検査等)をせず,そのために病気が治らない」,②「わからない,大きい病院に紹介状を送りますと応答し,さらに相談しても,難病なのでわからないと応答する」といった趣旨の口コミが書かれていたようです。

請求者(抗告人)の主張は高裁決定には書かれていませんが,おそらく真実ではないと主張したものと思われます。

裁判所の判断

大阪高裁の判断は以下のとおりです。

記事に記載された事実が詳細かつ具体的で,実際の体験に基づいて記載されたと考えられる場合や,同様の事実を記載した記事が多数ある場合には,当該記載事実及びそれに基づく投稿者の感想,評価を信用できると判断するが,具体的な事実が記載されず,投稿者の感想や評価のみが記載されている場合には,それだけでは直ちに記載内容を信用しないというのが,一般読者の普通の読み方であると考えられる。

投稿者がどのような症状を訴え,これに対して抗告人がどのような診察,治療を行い,どのような説明をしたかについて具体的に指摘するものではなく,抽象的な事実の摘示にとどまっており,抗告人の診療に対する投稿者の否定的評価や不満が主眼となっている。

記述①は,具体的な事実の摘示がなく,投稿者の主観的な不満等を述べたにとどまるものであり,これを読んだ一般的な読者がその内容を直ちに信じて抗告人に対する否定的な評価をするとは考え難い。

ある程度具体的であるものの,どのような診療の過程で発言されたかは不明であり,全体として抽象的な内容で,真偽を確認することもできない。
抗告人のような開業医が患者を診療した場合,診断や治療が困難であるとして,より専門的な診療を行っている医療機関を紹介するという方法をとることは,まれではなく,また,そのような対応をすること自体は非難されるべき事柄ではない。
前記の口コミサイトの特徴や読者の一般的な読み方からすると,記述②を読んだ読者が直ちに抗告人の診療が信頼できない等の否定的な評価をするとは考え難い。

大阪高決令元・11・8(令和元年(ラ)第860号)

ポイント

この大阪高裁決定は,口コミが名誉毀損になるかどうかという問題について,まず「社会的評価の低下」について判断基準を示しています。要約すると,具体的なら信用するが,抽象的な口コミで個人の感想表現であれば,直ちには信用されず,社会的評価は低下しない,というものです。この判断基準に則って,口コミの2つの記述が名誉毀損ではないと判断しています。

しかし,果たしてそうでしょうか。グーグルのレビューに否定的な内容が並んでいれば,たとえ抽象的表現でも,★1つだけのレビューでも,「ここは避けよう」「別のところを探そう」という心理になることは,経験上あきらかです。レビューというのは,悪い感想を持った人のほうが,投稿意欲が高いものと思います。そうすると,将来的にも★5つのレビューが増えることも期待できず,ネガティブな感想だけが残る結果になりかねません。
そういった理由から,この高裁決定には反対です。
なお,クリニックの事案ではありませんが,具体的事実を伴わずに「セクハラをされた」と書かれただけの投稿について,社会的評価の低下を肯定している東京高裁判例がいくつかあります。そのため「具体的事実の記載」と「社会的評価の低下」には,必ずしも関連はないように思います。

「予約して1時間待ち」「顔を見なかった」(名古屋高決令元・9・18)

口コミの削除請求事件

検討ポイント

✅社会的評価の低下
✅反真実性立証

口コミの内容と請求者の主張

口コミの具体的な表現は公開されていないため不明ですが,決定で要約されている内容を読むと,「予約して1時間待ち」であったとの事実と,「症状を説明している間も顔を見なかった」との事実と読み取れます。

高裁決定のため,当事者の具体的な主張は書いてありませんが,いずれも事実摘示であることから,真実ではないと主張したものと思われます。

裁判所の判断

これについて,名古屋高裁は以下のように判断し,いずれも名誉毀損ではないと認定しました。

予約して1時間待ちであったとの事実を摘示する部分については,上記各口コミによって抗告人の社会的評価が低下する程度は小さく,社会通念上受忍すべき限度を超えるものとは認め難い

症状を説明している間も顔を見なかったことを摘示する部分については,社会通念上受忍すべき限度を超えて社会的評価を低下させるものであるが,抗告人の陳述書(甲4)の記載内容は客観的な根拠に乏しく,本件クリニックに関する他の口コミサイトに投稿された内容(乙21)に鑑みても,上記事実摘示の内容について,違法性阻却事由の存在をうかがわせる事情がないことの疎明があったとはいえない

名古屋高決令元・9・18(名古屋高決令和元年(ラ)第242号)

ポイント

「予約して1時間待ち」のほうは,予約しているにも拘わらず1時間も待たせるクリニックなんて酷いと思う一方で,予約しても時間通りに診療が進まないことは社会的には珍しくないことから,「仕方がないことだ」と世の中の人は思うかもしれません。これを表現したのが,「社会通念上受忍すべき限度を超えるものとは認め難い」という裁判所の判断です。つまり,「仕方ないよね,その程度は」と思えるような内容の口コミであれば,社会的評価が低下しない,という結論になっています。

他方で,「診察中に顔を見ない」は,この決定文には何科の診療なのかが書かれていないため分かりませんが,表情なども見ないと診療にならない分野なのではないかと想像できます。というのも,診察中に顔を見なくても,患部を診ていれば診察可能と思われるからです(門外漢の感想ですが)。そのうえで,裁判所は「診察中に顔を見ない」が社会的評価を低下させると判断しています。
しかし,この決定では,「診察中に顔を見ない」が反真実とは思われない,という事実認定をしています。「ないことの証明」であるため,「陳述書」で立証しようとしたものと思いますが,裁判所は,インターネットの他の口コミサイトの内容も勘案して,「顔を見ない」ということもあったのだろうと認定しているわけです。
社会的評価の低下を認められながら,反真実性立証が通らなかったわけですから,具体的な状況や資料次第では,削除が認められたのかもしれません。

「ロキソニンと胃薬を処方され症状が悪化」「誤診」「ヤブ医者」(大阪地決令元・10・21)

検討ポイント

✅事実摘示か意見論評か
✅反真実性立証

口コミの内容と請求者の主張

口コミの具体的な表現は公開されていませんが,決定文の要約によると,「ロキソニンと胃薬を処方されたことで症状が悪化した」という理由で「誤診された」こと,担当医が「ヤブ医者」であること,だったと読み取れます。

これに対して債権者(請求者)は,誤診の事実はないとして,反真実だと主張したようです。

裁判所の判断

この口コミについて裁判所は,以下のように指摘し,誤診が反真実だと認定しています。

ロキソニンの副作用には胃腸障害があり,胃薬と同時に処方されることが強く推奨されているのであるから

医師の薬の処方が誤っていたとはいえない。そのため,当該医師が誤診をしたという本件記事③の指摘は合理的根拠を欠き,真実であるとは認め難い

大阪地決令元・10・21(令和元年(ヨ)第406号)

ポイント

この例では,「誤診された」「ヤブ医者」という表現もあります。これらは,一般には個人の感想表現のため,これが単体で書かれていても,違法な表現だとは判断されにくい類型です。
もっとも本件の裁判所は,「ロキソニンの副作用には胃腸障害があり,胃薬と同時に処方されることが強く推奨されている」という前提のもと,「誤診」という事実がなかった,誤診は反真実であると認定しています。
また,「誤診」が反真実であることから,「ヤブ医者」も反真実だと認定しているようです。つまり,この裁判例では,「誤診」と「ヤブ医者」を事実摘示だと捉え,根拠が反真実ゆえに,いずれも反真実だと認定しています。


なお,「ロキソニンの副作用には胃腸障害があり,胃薬と同時に処方されることが強く推奨されている」という認定を前提にするのであれば,「誤診」と「ヤブ医者」をどちらも意見論評だと捉えたうえで,その前提事実が反真実だとして,意見論評の反真実性,という構成でも良かったのではないかと思います。

「実施されていない手術について手術代を請求された」(大阪地決令元・10・21)

検討ポイント

✅真実性立証

口コミの内容と請求者の主張

口コミの具体的な表現は公開されていませんが,決定文の要約によると,実施されていない手術について手術代を請求されたため指摘したが,謝罪されなかった,というものであったと読み取れます。

これに対して債権者(請求者)は,架空請求の事実はないとして,反真実だと主張したようです。

裁判所の判断

この口コミについて裁判所は,以下のように指摘し,架空請求の事実はない(反真実)と認定しました。

患部の切開を伴う治療の費用は比較的高額になることが多いと考えられるところ,行っていない治療について高額な治療費を請求すれば,請求を受けた患者から苦情を受けると考えられるにもかかわらず,本件記事②の投稿時期及び内容に沿う苦情が本件病院に申し入れられたことはない


保険請求の算定上,注射等の一般的に手術と呼称されないような措置も「手術項目」として算定されること


公的機関による監査の対象になり得るような行為を債権者が積極的に行うとは考え難い

大阪地決令元・10・21(令和元年(ヨ)第406号)

ポイント

この例では,「実施されていない手術について手術代を請求した」という事実がない,ことの立証がポイントになります。
ないことの証明ですから,理論上は難しいのですが,上記のように,①手術代は高額になるのに,投稿時期にそのような苦情がなかったこと,②一般人が思う「手術」とは違う措置も「手術項目」として扱われること,③公的機関による監査の対象になり得るような行為を債権者が積極的に行うとは考え難いこと,などが反真実性の根拠とされています。
①は,「仮にそれが事実なら何が起こるか?」を想定して反論するタイプの立証手法です。
②は,「なぜ投稿者が勘違いしたのか?」を想定して反論するタイプの立証手法です。
③は,動機がないことを指摘する立証手法です。
こういった組み合わせで,「ないこのと証明」に成功した例と考えられます。