弁護士(第二東京弁護士会:36014:旧60期)
一橋大学卒業後、IT社長を経て弁護士登録。
使用言語はVB
2007年9月 弁護士登録
2016年 筑波大学非常勤講師(情報法)
2019年7月~ 国立市人権・平和のまちづくり審議会委員

弁護士神田知宏

関わった判例

最高裁第三小法廷平成29年1月31日決定(民集71巻1号63頁)
グーグルに対する検索結果削除仮処分の許可抗告事件の抗告人代理人を務める。いわゆる「忘れられる権利」について判断された最高裁決定という報道もあるが、忘れられる権利については判断されていない。

講義・講演

時期内容場所
2013年2月民事における発信者情報開示請求大阪府警警察学校
2014年11月できるインターネット被害対応(基礎編)日本弁護士連合会
2015年3月18日できるインターネット被害対応(応用編)日本弁護士連合会
2017年11月11日第6分科会「忘れられる権利」最高裁決定後のプロバイダ関連訴訟の展開情報ネットワーク法学会

書籍

  • ケース・スタディ ネット権利侵害対応の実務-発信者情報開示請求と削除請求(新日本法規出版,2017年1月16日)
  • 検索結果削除請求の実務と課題 最高裁平成二九年一月三一日決定を踏まえて(判例時報2328号,2017年6月11日号)
  • グーグル検索結果削除請求事件(法学セミナー,2018年3月号42頁)
  • ネット検索が怖い ネット被害に遭わないために (ポプラ選書 未来へのトビラ)(ポプラ社,2019年4月1日)

ケース・スタディ ネット権利侵害対応の実務-発信者情報開示請求と削除請求(現在 改訂中)

ネット検索が怖い ネット被害に遭わないために